【朗報】飛行機事故にあっても「助かる」技術が開発される!これで安心だ!たぶん



飛行機は空の乗り物として我々現代人のいたって当たり前の交通手段となりました。半面、その快適とは裏腹に、渡航中のトラブルもつきません。たとえば、上空でのエンジントラブル、ハイジャックなどのトラブル、そして人為的なトラブル、それら原因によって墜落すれば命の保証はないのです。だから乗りたくないのですが、安全に着陸できる技術が開発されようとしております。




ロシアのウラジミール航空エンジニアは、上空でのトラブルに巻き込まれた際に、客が脱出できるシステムを開発中だということだ。その方法はいたってシンプル。客席だけをパラシュートで降下させるという何とも斬新なアイディア。つまり、戦闘機などで脱出するシステム「射出座席」と同じようなものだ。

 

基本的にパラシュートなので、うまく開きさえすれば無事に陸上に着陸できるという発想です。しかしこれ海の上だったらどうなるの?という疑問もあるかと思いますが、安心してください。海の上でもしっかり浮くような設計だという。

しかしこの技術本当に可能なのか疑問だという。そもそも陸上に何もない場合ならいいが住宅地だったらどうなるのか。そして費用対効果はあるのか、その点を踏まえると現実的ではないといいます。

もし実現するとしても、ファーストクラスよりも高いコストがかかるとしたら・・・
皆様この安全、買いますか?

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3401939/The-plane-detach-entire-CABIN-event-emergency-Concept-drop-passengers-land-using-built-parachutes.html

(秒刊ライター:たまちゃん)

2 COMMENTS

秒刊名無しさんでー

ほとんどの事故は離着陸時に起きているので費用対効果は低い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。