【2度見するわ】中国、巨大「黄金の毛沢東像」を建設!奈良の大仏超えたか



なにか世間に災いが起こり始めると、かつて日本では「大仏建立論」が巻き起こり、奈良の大仏や鎌倉の大仏などを建てて、厄を払い、ついでに拝観料をいただいてしまおうという一石二鳥のシステムが王道となりつつありますが、中国でも同じように今大仏ならぬ巨大「毛沢東」が建造され話題となっているようです。




この巨大毛沢東は中国河南省の村に建てられているようで、高さはなんと36.6メートルと、日本にある奈良の大仏17メートルをはるかにしのぐ高さだ。しかも色は金色ということで縁起もよく、観光名所になるのは間違いないはず!

建造するのにかかった費用は5500万円と、高いのか安いのかよくわかりませんが、地元の子供たちが、写メをとるなど違う意味で早くも人気です。



毛沢東は、国民の飢饉を救った英雄として今でもたたえられており、この巨大な像は、そんな彼の栄光にあやかれるスポットとなるのかもしれません。

ただし、中国のネットでは「どうせ金を使うのなら貧困者のために使ったほうがいい」「似てない」「誰?」などという意見もあるようです。

掲載元

http://www.mirror.co.uk/news/world-news/giant-gold-chairman-mao-statue-7118969

(秒刊ライター:たまちゃん)

13 COMMENTS

秒刊名無しさんでー

こんなん造るんだったらPM2.5をどうにかしたらって思うんだけど

秒刊名無し

>>毛沢東は、国民の飢饉を救った英雄として今でもたたえられており
は?? いや、むしろ飢饉を作った張本人だろ。
毛沢東の大躍進政策がどんなもんだったのか、「餓鬼(ハングリーゴースト)」読んだら分かる。
親が子供を食って飢えをしのいだとか、狂った話が山ほど出てくる。
まあ、同じ頃日本では学生がそんな毛沢東を褒め称えて革命だと馬鹿騒ぎをしていたわけだから、日本もアホだが。

引用・利用は御自由に

そりゃあ、これを読んだら恥ずかしくて取り壊さざるをえないわな
【光復節】
当時 アジアで唯一の先進国としてアジアの人々の憧れの的だった日本が ロシアの毒牙から守る為に吸収合併してあげる前の暗黒状態※ に戻ることを“光復”って(呆)
基地外もそこまでいくと怖すぎて笑えないぞ(´・ω・`)
中国人の馬鹿連中も「毛沢東の輝かしい時代」なんて言ってるけど、
馬鹿は万国共通ですな(´・ω・`)
※ 韓国人の7割が「歴代、最も優れた韓国大統領」とする朴 正煕 自身が「今日の若い世代は、既成世代と共に先祖達の足跡を恨めしい眼で振り返り、軽蔑と憤怒を合わせて感じるのである」と言っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。