【バカッター】財布を盗みツイッターで自慢するユーザ個人情報特定され炎上!弁護士まで登場する騒ぎに

昨日は多くの方がクリスマスの夜を楽しんだことかと思いますが、楽しめなかった方もどこかでいい思いをしているのだ!と自分に言い聞かせ、何とか踏ん張るところですね。次のクリスマスまであと364日!オリンピックより近いです!さてそんな中、イルミネーションを見ている客から財布を盗み自慢するユーザが話題です。

この問題はとあるユーザが、イルミネーションをみている客から財布を抜き取ったという問題だ。その後持ち主であると名乗り出るユーザが、返却を求めるもそれを却下。

もちろんこれは「自称」であるため、盗み取ったこと自体が「虚偽」である可能性も視野に入れたい。しかしこの問題に弁護士まで登場し「早くツイッターを削除してください」と、アドバイスをしていることが明らかになり、大きな問題へと発展した。

もしこれが嘘であったとしても「犯罪幇助として検挙される可能性があります。」ということで、ほかの問題が生じそうだ。

しかしその後、持ち主は財布が見つかったということでこのユーザの盗んだとされる財布ではないことが明らかになりました。

どうやら、盗んだとされる発言そのものも怪しくなってきたが、このような「釣り」には十分注意したいものだ。

(秒刊ライター:Take)

11 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。