【リア充終了】クリスマスイブに巨大な小惑星が衝突する!?地震!噴火!もはや世界が震撼するイベントに

 

今年もあと残すところわずか。クリスマスを終え、いよいよ年末を迎えるといったシナリオが予想されます。筆者はイブもクリスマスも仕事ということで「意識高い系」を意識して本当に仕事をするというつまらない日々を送ろうかと思いますが、残念ながら今年のクリスマスは緊張感を持たなければならないのかもしれません。

問題となっているのは「2003 SD220」という小惑星で、クリスマスイブに最も地球に接近するというのだ。もしこの小惑星が地球に衝突した場合、甚大なる被害が発生するうえ、地震・津波・噴火などありとあらゆる恐ろしい二次災害が発生する。もはや「クリスマス」どころではないのだ。

この小惑星は直径約2400m(1.5マイル)で、NASAもこの2003 SD220を注意深く観測しており、クリスマス中に接近することも知っている。オカルト的な話ではないのだ。

そしてさらに、もしこれが大陸を直撃すれば大陸ごと吹き飛ぶとんでもないことになりそうだ。

万が一これを回避しても、ロシアの隕石衝突事件のように破片が地球に飛来する可能性もあり、運が悪ければ家に直撃!なんてこともあり得るのかもしれません。

そうです、クリスマスは「サンタクロース」よりも「隕石」が家に降ってくる可能性のほうがはるかに高いわけです。

掲載元
http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/monster-asteroid-could-cause-earthquakes-7019482

(秒刊ライター:たまちゃん)

16 COMMENTS

秒刊名無しさんでー

ハイハイ!
なんでもきてちょーよw

秒刊名無しさんでー

万が一衝突を回避してもって、、、
そんなに確立たけーの?

秒刊名無しさんでー

衝突するわけないだろ
地球から1100万キロも離れた所を通過するだけだ
月の28倍遠くだぞ!
たまちゃん相変わらず煽り記事ばっか書いてんのか

秒刊名無しさんでー

こいついっつも小惑星衝突してんな

秒刊名無しさんでー

泣きわめけ。主の日は近い。
全能者から破壊が来る。
(イザヤ書13章6節)
見よ。主の日が来る。残酷な日だ。
憤りと燃える怒りをもって、
地を荒れすたらせ、
罪人たちをそこから根絶やしにする。
(イザヤ書 13章9節)
「主の日」と「クリスマス」を掛けたジョークってところだろうね。
異教徒の方々には通じにくいのが、少し残念ではあるのだが。

秒刊名無しさんでー

回避が万が一って事は衝突確率が、99.99%ってことか。
なぜそんなに高確率なのに緊張感ない記事なのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。