ピエリ守山より悲惨!浜松市の「イトーヨーカドー」が完全消滅で街全体が廃墟か?


ito

滋賀県にある複合商業施設「ピエリ守山」は、「生ける廃墟」と呼ばれながらもリニューアルというテコ入れにより劇的な復活を遂げましたが一方でリニューアルも無く、ただただほそぼそと続けてひっそりと閉店していく施設もあります。こちら浜松市にある「イトーヨーカドー宮竹店」は14年の歳月を経て閉店することとなった。近くにはイオンモールなどもあり競合他社に白旗を揚げた。



ito2

14年の歴史に幕を閉じた浜松宮竹店。2000年11月、ショッピングセンター「浜松プラザ」の核店舗としてオープン。店舗面積約2万2千平方メートル。この複合施設にはヨーカドーのほか、赤ちゃん本舗やユニクロなどの大手ショップも名を連ね売り上げを伸ばしていたが、イオン市野店が05年6月に開店し、その後苦戦を強いられた。

結局本日1月18日に閉店する運びとなった。


ito3

閉店ということもあり、店舗はほぼもぬけの殻。閉店セールをしているものの人の姿は少ない。利用者などの声によると「ヨーカドーはいつもこうだ、みんなイオンに行っているのでは?」と話す。


ito4

売れ残っている商品は50%割引のものなどがある。シャンプーや文房具などの日用品からミシンなどの電化製品もあるようだが、魅力的なものは既に売れてしまったのだろう。


ito6

貴金属は転売も出来るからか、大きな変動は無い模様。


ito7

悲しいかな、一番盛り上がっていたのはゲームセンターで特に妖怪ウオッチのコーナーに行列ができていた。どこにでも見受けられる光景だが、母親が買い物をしている間に父親と子がここで待たされるという託児所と化している。

ちなみに大吉メダルは回収されたとのこと。それでも回転しておりました。


―浜松市からヨーカドーは消滅

かつて浜松にはヨーカドーは2店舗(駅前・宮竹)にありましたが、今回の閉店により完全撤退したこととなります。

駅前店:2007年1月14日 閉店

宮竹店:2015年1月18日 閉店

―廃墟と化す街、浜松市。


mati

問題はヨーカドーなどの郊外だけではない。街中でも空洞化が加速し平日だというのに夜は殆ど人が歩いていないという情況。ピエリ守山とは比べ物にならないほどの「廃墟」ぶりだ。まさに「街全体」が廃墟となる浜松市。歴史を紐解けば街中にあった地元のデパート松菱が2001年11月14日に経営破たんしてから徐々に体制が崩れていった。

―最近の浜松市の歴史

昨今の浜松市の商業施設の情況と主な歴史を紹介しよう

1997年12月25日 西武百貨店撤退

2000年1月21日  ZAZAシティ開店

2001年11月14日 松菱破綻

2007年1月14日  ヨーカドー駅前店閉店

2007年4月1日  政令指定都市移行

2007年5月1日 鈴木康友市長就任

2004年8月6日 イオンモール浜松志都呂店開店

2005年6月24日 イオンモール浜松市野店開店

2011年11月9日 遠鉄百貨店新館開店

2015年1月18日 ヨーカドー宮竹店閉店


―今後の出店予定はあるものの、根本的な解決が必要

今後の出店予定としては、松菱跡地にはアサヒハウスが商業施設及び老人ホームを運営、そして今回のイトーヨーカドー跡地には2、3店の出展候補を打診しているとの事だ。

ただ結局他の店舗が入るだけで浜松市全体の活性化に繋がらず一過性のものになってしまう。つまりどんな業者が参入したとしても根本的な解決をしなければ衰退化はとまらない。

はたして浜松市はかつての活気を取り戻すことが出来るのであろうか。

17 COMMENTS

秒刊名無しさんでー

相変わらずの田舎者の、くっだらない僻み記事だねえ。
クソして寝ようっと。

秒刊名無しさんでー

浜松まで来て、わざわざ寂しい感じの写真撮って楽しい?
もう、ニートやめよww

第二のsuzukikanko

夜の街中に人がいないってマジで言ってんのww夜の有楽街歩いたことないだろwwwこんな記事真に受けてると情弱になるぞ

秒刊名無しさんでー

浜松きたことないんじゃないか?
近くにイオンやララポートもあるし
静岡市より浜松のほうが発展してると思うし廃ってるというなら他の地方の県はえらいことになるよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。