サザンファン辞めた!SNS・まとめサイトの影響でサザン叩きが加速

 

年末の紅白歌合戦でサザンオールスターズの桑田が、ヒットラーのような髭をつけ「ピースとハイライト」という社会批判とも感じられる歌を披露してから、ネットでの「サザン叩き」が一層加速している。さらにまとめサイトなどの影響でサザン=反日であるという記事も拡散し、それを真に受けたファンが「ファンを辞めた」などと報告している。

さてまとめサイトなどで拡散している「サザンは反日である」という内容についてはおおまかに以下のような項目としてあげられている。

・ライブで紫綬褒章を尻ポケットから出す。

・紫綬褒章をオークションにかけるというギャグを披露。

・天皇陛下のモノマネをする「おげんきですかっ」。

・ライブで日の丸にバツ印。

・楽曲が日本を批判

ということのようである。上記の件に関して事実か否かについてはさておきまして、このような情報がSNSやまとめサイトで拡散していくことにより、いわゆる「ファン離れ」が加速しているようです。もちろん批判しているユーザが本当に「ファン」であるかどうかは不明ですが。

ーサザンのファンを辞めたという人たち

年が明けてより一層サザン叩きが強まってしまった。当の本人はこの自体を一体どのように考えているのかは知る由もないわけですが、本当のファンであれば例えこのような「音楽スタイル」であったとしてもむしろそれが「サザンオールスターズ」の真髄であり「表現の一貫」であると考え、ついていくのかもしれない。

ーネットの反応

・ 「サザンは反日」 全く意味が分かりません

・ バカウヨの戯言を信じてサザンのCDいらねーやってなってる人俺にください。

・ サザン桑田佳祐氏 ライブのMCで 天皇陛下と褒章を茶化す

・ サザンの件でアミューズ前で抗議するバカウヨは他に通る人の迷惑になる

・ サザンのピースとハイライトって煙草の歌かと思ってたけど全然違うのね。

・ オークションで売ろうだなんて、売国行為の象徴だな。サザンのあの行動は。

・ ある個人に打撃を与えるのは品性がないと思う。やめた方がいい

・ 紅白でサザンオールスターズが歌った『ピース(平和)とハイライト(極右)』は安倍晋三への強烈批判!

・ 『サザンは反日、政権批判なんてロックじゃねぇ』ってネトウヨの声。

・ 桑田。おまえ、ロックじゃねぇだろうよ

・ 紅白の「ピースとハイライト」とチョビ髭は、サザンの不意打ち・だまし討ちだったのかな

・ この勢いだと、物事の流れによっては「皇室は反日」って言い出しかねないくらいアレだなあ

・ 裏に何かあるな。冷静に考えよう日本人!

・ やっぱり出た。これらの差別ヘイト発言はネット上で国民的人気を誇るサザンオ-ルスターズの桑田佳祐に向けられたものだ。

(秒刊ライター:Take)

81 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。