2013年から放置され続けたマックのハンバーガーの姿が不気味すぎると話題に。


247D3CCA00000578-2901062-image-a-9_1420666921088

日本のマクドナルドでは様々な混入問題で騒がれておりますが、海外のマクドナルドは違った意味で騒がれております。こちらのチーズバーガーをご覧頂きたい。何の変哲もない食べかけのチーズバーガーではあるが、ちょっとした秘密があるのだという。なんとこのチーズバーガー、2013年、つまり2年前のものであるのだという。2年間もこのような状態をキープしている。



―物凄い威力の防腐剤


247D3CD300000578-2901062-image-a-10_1420666937756

ハンバーガーがここまで形状を保ち続けるにはわけがある。どうやらとても凄い「防腐剤」が使われているからだ。その防腐剤のおかげでまるでこのハンバーガーが、つい最近買ったかのように見えるほど非常に美しい状態を保つことが出来る。

ハンバーガーの肉はおろか、バンズや中に入っているピクルスまでもが「ありのまま」の姿である。ある意味恐ろしい状態記憶ではあるが、もっと恐ろしいのが、カビすら生えないこの食べ物を我々は食べてしまって大丈夫なのだろうかということだ。

―使われているのは「防腐剤 プロピオネート」


ちなみにこのハンバーガーに使われているのは防腐剤である「防腐剤 プロピオネート」だということだ。問題はないのかという疑問はあるが、現時点でそれによる直接的な問題が出ていることはなさそうなので大丈夫だとは信じたいが、間接的に何が起きているのかは未知数。

あとになってこの防腐剤の悪影響が「実は・・・でした」なんて事にならなければ良いが。

掲載元

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2901062/Not-fast-McDonald-s-Taco-Bell-meals-appear-fresh-two-YEARS-open-air.html

(秒刊ライター:たまちゃん)

2 Comments

秒刊名無し

うまい具合にミイラ状にカサカサに乾燥すると、防腐剤なんか無くても何年も腐ったりしなくなりまっせ。
うちでも近所の農家にもらったミカン放っておいたら、1/3くらいカビたり腐ったしたが、残りはそのまま乾燥して、多少変色はしたが10年以上そのままだよ。

秒刊名無しさんでー

防腐剤だから体に悪いって理屈も科学的じゃないの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。