ほこたて『ハッカー対決』に「ソーシャルエンジニアリング」があったことが判明

本日フジテレビで放映された「ほこたて」の番組の内容がネットで酷いと騒がれている。主な内容としては天才ハッカーが、強固にセキュリティ対策されたPCに侵入しとある画像を探し出すと言う事だが、番組の構成上あっという間にPCに侵入されてしまう。ところがハッキングしたPCには大量のダミー画像がばらまかれており、ハッキングと言うより画像検索大会となってしまった。この問題について防御側のluminさんが口を開いた。

なんとハッカーは侵入するまでに心が2回も折れていた事を告白。しかし番組内ではいとも簡単にPCに侵入しているかのような構成だった。これについてluminさんは『番組の都合ですので』と話す。
しかもディレクターからソーシャルエンジニアリング、つまりパスワード等を聞き出しているなどとも告白。ディレクターを使いハッキングすると言う何とも興味深いハッカーのやり口が暴露されてしまったが、この点も放映されていなかった。

またセキュリティの部分は90%以上編集でカットされているなどとも告白し、実際の現場の雰囲気とは違った内容で放映されていたようだ。

さらに番組内でファイル名を変更と言う表現があったが実際にそうではなく「TrueCryptでドライブを暗号化した」と言うのが正しいことも判明。これは視聴者にも分かりやすい配慮の為だと思われる。

内容をまとめると
・セキュリティ部分は編集の都合で9割以上カット。
・ハッカーの心が折れてしまいディレクターにソーシャルエンジニアリングした。
・「TrueCryptでドライブを暗号化した」のを「ファイル名を書き換えた」と放送。

もちろんこれはセキュリティ上の都合や素人にも分かりやすい説明等、テレビ側が配慮した結果このようになったわけで一概に問題があるとはいえないがネットではこの不思議な番組内容が腑に落ちない様子だ。

―Twitterの反応
・楽天は英語が標準語じゃないのか
・いつのまに画像検索対決に
・リアルタイムでセキュリティ側があれこれしちゃってんじゃん
・30分で侵入されている時点でセキュリティ側の負けじゃんよ。
侵入されること前提って何それ???
・ハッカーのやつあそこで終わるのが糞だと思った
・やっぱりひどいという感想が大半w
・ルールはどうあれどうみてもハッカーの勝ちな気がする件
・ハッカーの方、Win7 ロシア語版使ってるな。てっきりUNIX or Linux使うかと予想してたので意外だった
・おっと、それはダミーのtakahro.jpgだ

ハッカーの心が折れる人間味あふれるシーンは是非とも拝見したかった。

【記事参照】
http://togetter.com/li/516095

(ライター:たまちゃん)

28 COMMENTS

秒刊名無し

自社製品ですら戦ってないとは
対戦相手が間違ってるな
ばかばかしすぎてフジも他の企業からは
相手にされなかったってことか??

秒刊名無し

というかそもそも
絵にならないとか言ってる時点でさっさとボツにしろよ
ある程度金かけたから何としてでも番組にしたかったのか?

秒刊名無し

ソーシャルエンジニアリングって、ハッカーとは気付かれないようにハック対象の会社の人間からパスワード等の情報を聞き出す事を言うんで、あからさまにハッカーだと知ってるディレクターに聞くのは、そもそもソーシャルエンジニアリングとは言わんと思うしw
それはソーシャルエンジニアリングと言うほどの、なんの苦労もテクニックもいらんじゃんよ

秒刊名無し

>>絵にならないとか言ってる時点でさっさとボツにしろよ
正論過ぎてワロタ
ある程度ハッカー呼んだ時点で引っ込みつかなかったのと本気でPCセキュリティーに無知だったんだろうな
ソーシャルエンジニアリングもひとつの手段だし(そもそもハッカーが知るはずのない)ファイル名を変えてしまうのも手段だ
こんなルパン予告みたいにこれをこの時間に攻撃しますよみたいな戦いじゃこうならざるを得んだろ

秒刊名無し

女性Aのセキュリティホールもつかれていたらしい。

秒刊名無し

侵入に成功したんだからとりあえず全コピでハッカーの勝ち。
ルールがお話にならないレベル。

秒刊名無し

つまり、ハッカーが侵入できないから
入れるパソコンを用意したってわけね
絵作りのためにwwさすがフジだな・・・・

秒刊名無し

おまえらなんだかんだテレビ見てるんだなw
案外フジテレビ好きなんじゃねーの?w

まめ

防衛側が嘘はついてないにしろ自分に都合のいいことだけを一方的にネットに拡散してるイメージを抱きました。
防衛側の言い訳をまとめると「最初から二台は浸入されるのが前提だったからファイルを見つけにくくした。三台目は絶対に浸入できない。」だよね(?)
絶対浸入されない三台目に相手が何時間もかけて浸入できなかった後に「実は最初の二台は浸入前提」と言われたら信憑性もあるけど……趣旨から外れてファイルに小細工しすぎた結果で相手が呆れてリタイア。三台目は登場もしてないんだから防衛側が「実は」を発信すればするほど見苦しく思える。
そんなに三台目に自信があったならファイルに小細工しなきゃ良かったでしょ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。