カラーひよこの製造方法が過酷すぎて泣けてくる

昔は縁日で頻繁にうられていた色付きのひよこ「カラーひよこ」ですが、昨今の動物愛護問題もあり、販売されなくなりました。これらひよこは一昔前まで単純にスプレーなどで色をつけて販売されており、その製造工程によるストレスなどで短命に終わることが多かったと言う。しかし最近のカラーひよこはそんなストレスもなく製造されているようです。

こんな色鮮やかなヒヨコがいるものなのか、と感心させられてしまいますがこれらはスプレーで単純に色をつけただけのカラーひよこではありません。現代の最先端のテクノロジーで生まれながらにして「色付き」のヒヨコなのです。つまり生まれた後に色をつけることが無いのでヒヨコたちはストレスなく店頭に並ぶのです。

くちばしの先までピンク色に染められたヒヨコたち。果たして彼らはどのように色をつけられたのだろうか。なんと卵の段階から色をつけられているという衝撃の事実があるようだ。

どうやら卵の中に過酸化水素やアンモニア、食品着色料などを入れ成長過程で既に色をつけると言うとんでもない方法。色付きの液体を生まれる前に浴びることで全身が鮮やかな色に染まると言うもの。もちろん化学薬品を体内に取り込むと言う過酷な環境で育つヒヨコの寿命がそう長くは無いことは容易に想像できそうだ。

日本では既に購入することが出来ないカラーひよこだが、海外ではまだ頻繁に売られているようだ。一度はみてみたいものの、なんとなく目をそむけたくなる複雑な心境になる。

【記事参照】
http://bit.ly/13lATry

(ライター:たまちゃん)

31 COMMENTS

秒刊名無し

親父が子どもの頃にはよくこのヒヨコが売っていたと聞きました…

秒刊名無し

殺されて食われるよりはマシじゃね?
ヒヨコからしてみれば

秒刊名無し

夜店のカラーひよこはオスだけだったけど、これはオスメス入り混じってるのかな?
そもそも長生きしないのかな?

秒刊名無し

ヒヨコの寿命がそう長くは無いことは容易に想像できそうだ。
いや調べろよ。

秒刊名無し

これどこの国なんだろう。海外では、と書いてるけどまずあの国が思いつくけど。
日本ではこんなヒヨコたちを見せられて喜ぶ時代はとうに終わってる。

秒刊名無し

別に愛護団体的な考え方ではないけど、ちょっと生命をずさんに扱いすぎな気がするかなぁ
命を預かるんだし、多少は敬意は払わないといけないと思うな
衣食足りて礼節を知る、、、、なのかな

秒刊名無し

日本で見ないって?まだ売ってるの見るよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。