女子必見!飲むコラーゲンって本当に効果あるの?!

 

今の時期に女子が気になることといえば、やはりカサカサの乾燥肌。冬の暖房や外気による乾燥などその理由は様々ですが、お肌のカサカサがやけに気になる時には効果の程に疑問を抱きながらも「飲むコラーゲン」に手を出している、なんて方も少なくないようです。では、本当にコラーゲンは飲むことで体内に取り込むことができるのでしょうか?ネット上では、そんな「飲むコラーゲン」の効果について様々な声が上がっています。

たとえば、無料Q&Aコミュニティサイト「教えて!goo」に寄せられていた飲むコラーゲンの効果を問う質問には

・飲まないよりは飲んだほうがマシという程度には効くくらいでは。
そもそも、普通の生活をしていればコラーゲンの素となるアミノ酸が摂取できると思う。
・摂取してもアミノ酸レベルまで分解され、体内でもう一度コラーゲンに再合成されるか、他の蛋白になるかはわからないのでは。
・コラーゲンを分解するとゼラチンになるので、ゼラチンを高いお金出して買うことと同じ。
・コラーゲンと一緒に杜仲茶を飲むといいそう。
・1週間くらい飲んでいたら、結構変化があった。
・いちごとヨーグルトを一緒にたべるとコラーゲンができやすいそう。

と、否定的なコメントの他に、飲み合わせ次第というものや実際に効果があったというもの、果てはほかの食品の食べ合わせで作ることができるといったコメントも寄せられていました。
また、読売新聞社が運営しているニュースサイト内にある掲示板「発言小町」のトピックでは

・整形外科の医者に「無駄です」とキッパリ言われてしまいました。
・コラーゲンドリンクのどこを見ても「美肌に効果がある」などの効能表現はないはず
・食べたコラーゲンが皮膚と靭帯どちらのコラーゲンになるのかは体が必要とする優先順位次第
・コラーゲンを口から入れても効果はない、と聞いたことがある。
・医師にコラーゲンを沢山摂っても、皮膚や軟骨には届きません。無駄ですと言われた
・1年ほど錠剤のコラーゲンを服用してきましたが、目立った変化が見られない
・食事でしっかり必要量のたんぱく質がとれている場合、それ以上にたんぱく質(コラーゲン)を摂っても無駄かも
・コラーゲンじゃ分子が大きすぎてもっと小さな分子(アミノ酸)まで分解しないと吸収できないと思う。

と、実際に医師に確認した情報を交えての否定的なコメントが多く寄せられていました。
ただ、両方に見られたのが

・コラーゲンを摂って効果を実感したとしたら、食生活の見直しをしたほうが良い

というコメント。つまり、普段の食生活がしっかりしていないから、「飲むコラーゲン」を飲んだ時に効果が実感できるというもの。
他にも、寄せられていたコメントには

・ゼラチンを5~10グラムほど牛乳に溶かして毎晩飲むと、肌や髪がツヤツヤになり、胸もふっくらしてきた

というものもあり、結局は日常の食生活にゼラチン質を含む食材をふんだんに取り入れたり、身近で安価なゼラチンを毎日摂取するほうが効果がある、ということに落ち着きそうです。
ただ、ゼラチンにしてもコラーゲンにしても過剰な摂取は逆に健康を害することにもつながりますので、お肌や髪などがカサカサぱさぱさしている、なんだかハリがないと思った時は、まず、普段の食生活から見直してみるのが良さそうです。

(ライター:Yohko Kitashima)

21 COMMENTS

秒刊名無し

昨日きづいたこと。
見舞いにいったときに、
アルコールで手を拭いた。
そのとき、ビビビっと痛みが。
とげが刺さっていたのが原因だった。
水なら、こんな痛みはないはず。
100均のアルコールって、効果あるのかね。
容器だけで100円するだろう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。