『ほこたて』はガチ勝負で台本すらなし!『本物のメロンを見極める男』ブログで公表

 

テレビのヤラセ報道が度々取りざたされる中、フジテレビ系列の人気番組『ほこたて』で、『絶対に本物のメロンを見極める男』と言う内容の番組が放送され話題を呼んでいた。番組内では絶対に本物のメロンを見極める男と、絶対に見抜けない偽物のメロンを作る男の対決。勝負の行方が気になるところだが、番組に出演した静岡クラウンメロンのサイトではこの様子をブログに綴っている。


http://www.crown-melon.co.jp/info/2012/10/post-27.php

番組を見た人であればこのシーンは記憶に残っていると思うが改めて紹介したい。内容としては「絶対に本物のメロンを見極める男」VS「絶対に見極められないニセモノのメロン」というもので、絶対に本物のメロンを見極める男として登場したのが、静岡クラウンメロン生産者である永田雅紀さん。

メロン一筋42年の永田さんは、3Dプリンタと食品サンプルが混ざった10個のメロンから本物のメロンだけを当てるという対決で、その中に何個本物のメロンが入っているのかは知らされていない。しかも番組では説明が無かったが、本物のメロンの中に他産地のメロンを混ぜてあるというこれまたシビアな設定であることも静岡クラウンメロンのブログで紹介されている。

ブログより
本当にぶっつけ本番といいますか、台本があるわけではなくガチンコ勝負なんです。  本人もいくつの偽物メロンがあるのか本当に知らないし、ガラス越しに見る10個のメロンを観察できる時間もとても短い

展開としてはギリギリまで本物と偽物メロンを仕分けるという過酷な内容で緊迫した様子が視聴者に伝わってきた。しかし言ってしまえば1発目で終了してしまうおそれもある訳ですが、ブログの内容によるとなんと台本は一切なくガチ勝負だったという。

ヤラセ問題が度々報道される中、芸能人ではない一般出演者がリアルな収録風景をブログに綴るというのは、何かと色眼鏡で見てしまいがちな視聴者の昨今の風潮を、食い止めるきっかけになりそうだ。

(ライター:たまちゃん)

14 COMMENTS

名無しの魔

やはり あの対決は ガチだったのか~
メロン作って 四二年 やっぱり すげー。

秒刊名無し

あの番組出てくる素人達の反応が生っぽくていいよね。
いい意味で芋っぽいというか。
ドリルと金属対決は毎回いいもん見たって満足感がある。

名無し

最近は単なる“提供”だけじゃなくて、番組内にも堂々と企業名を絡ませたバラエティーが増えてるよね。
この場合は番組側が出演料出してるのかな、企業側がお金払って出させてもらってるのか気になるけど。
企業同士の正々堂々としたプライドのぶつかり合いで見ていて気持ちがいい。

秒刊名無し

ガチだと思ってる人……
そもそもこの曲の番組を見る売国奴……
お疲れ様です

秒刊名無し

テレビだと何でもヤラセって思う風潮は・・・悲しいね

秒刊名無し

素人だからやらせというか台本しこんでもバレバレな感じになるだろうからな

秒刊名無し

ガチで十分視聴率稼げてるなら台本作る必要ないかもね
どういう対決仕込むか、どういうルールにするかでスタッフの腕の見せ所は十分にあるし
それより決着つく直前の長いCMの時チャンネル変えて決着見逃すことが多々・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。