ポーランドで携帯電話より小さい手乗りワンコが登場!

 

世界一小さな犬として間違いないぐらいの超極小ミニ犬がポーランドで誕生し話題になっております。こちらの犬はなんと携帯電話よりも小さく、重さもわずか100グラムほどしかありません。更に驚いていただきたいのが、子犬ではなく成犬であるということだ。あまりに小さすぎて飼い主も手の上に乗せることが出来てしまうほどだ。

3か月前ポーランドで生まれたテリアという犬種のこちらの犬は生まれた際にはわずか44グラムほどしかなかった間違いなく世界最小の犬だ。

名前はメイシーと言い、飼い主はメイシーを踏みつぶしちゃうのが怖いから、小さなゲージで飼っているのだとか。メイシーは順調に成長し、現在では100グラムほどになったが、それでも小さく携帯電話(ガラケー)よりもちいさいのだという。獣医は『これ以上大きくならない』と言っているようだ。

もしメイシーがこのまま大きくならなければ間違いなくメイシーはギネスに乗るが、規約の年齢に達していないので今は待機しているという。

人間のスペックは世界中でほとんど変わりが無いのに、犬の場合は携帯電話よりも小さい犬もいれば、人間よりも大きな犬もいる。よく考えれば不思議な話だ。

http://www.damncoolpictures.com/2012/11/polish-terrier-meysi-is-worlds-smallest.html

(ライター:たまちゃん)

8 COMMENTS

秒刊名無し

ここまで小さすぎるとむしろきもいレベル

秒刊名無し

いつ踏んづけてしまうかという不安から、いっその事踏みつぶしてしまいたいという衝動にかられる。

秒刊名無し

1年後には普通サイズになってるんだけどね

名無し

この犬にはどんな疾患があるんだろう。沢山ご飯食べたり、走り回ったり跳んだり出来ないんじゃないか。なぁ、ティーカッププードルとか作った日本人よ。小さくて可愛いより健康が大切だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。