『人ゴミ海水浴場』のその後も更にヤバいと海外で問題に

 

夏は海に繰り出して、暑さをしのぎたいと思うのは日本のみならず世界も同じ。お隣中国では、人の隙間が無いぐらいに大量の人が、プールや海に押し掛けている凄まじい写真を何度か紹介してきたが、その後秋も深まり、プールや海のシーズンは落ち着いた。ところが、その後の海の状態がとんでもないことになっていると、中国で問題になっている。

↓その後・・・

 

おいおい、これは海水浴場ではなくゴミ集積所だろう、と突っ込みたくもなるような散々たる光景。それもそのはず、あれだけの人数が海に毎日繰り出し、そこで飲食をするとなると、いくらゴミは持ち帰れと警告しても守る人は少ないだろう。そればかりか、ゴミが置いてあるという状況をよいことに、次々とゴミを置いて言っても良いような空気になるのは目に見えている。

場所は中国の海南省三亜市にある海水浴場だが、ゴミを見る限り弁当の残りだけでなく、スイカ割りをした残がいや、危険なビン類も放置された状態になっている。

ただこの状況は誰も良いとは感じず、地元のスタッフが必死に片付けている様子もうかがえる。せっかく片付けても1年後にはまたゴミの山になる事を考えると、条例を制定しゴミを持ち帰るように心掛けれるような罰則を加えたほうがよさそうだ。

http://tt.mop.com/read_12803678_1_0.html

 

(ライター:たまちゃん)

14 COMMENTS

秒刊名無し

これは日本人も中国人の事言えんわ。
最近なんてバーベキューセットの値段が安いから、
砂浜にそのまま放置してあるのをよく見るもの……はぁ。

秒刊名無し

日本だって花見や花火大会、バーベキューの後の惨状はまったく同じじゃねえか。
自分らのことは棚に上げて偉そうなこと言ってんじゃねえんだよ。

秒刊名無し

とにかく、支那国内で済む問題なら、何でも好きにやってくれ。
日本に影響さえ出ないのなら、どうでもいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。