スイカバーは何本繋げると1玉になるか、実験した猛者現る

スイカの形をしたアイスクリーム『スイカバー』は独特のスイカ味のするフレーバーに、タネはチョコチップという一風変わった組み合わせも、もはやガリガリ君と並ぶ夏の定番メニューとなりつつあります。さてそんなスイカバーは、スイカの断片の一つを売り出しているのですがいったい何本つなぎ合わせれば1玉になるのでしょうか?実際にやった猛者が居ますので紹介したい。


http://twitpic.com/a43k2g

見ていただきたいこの圧巻たるスイカバー。1,2,3・・・と数えていき合計18本。なんとスイカバーは18個繋げると1玉となる。つまりいつも食べているスイカバーは18分の一であるのだ。もちろん製造過程で最初はこの状態で、分割したという流れではないのだが、繋げるとしっかり円になると言うのは驚きだ。

ただ気になるのが、真ん中に穴があいてしまっているので完璧なスイカにはならない。さらに言うならば本来スイカは円ではなく球体であるので、2次元的に繋げるのではなく3次元で繋げていくのが通常だ。

実際にこれを何個繋げれば球体になるのかは、やってみないと判らない部分もあるが非常に興味深いものだ。『球体スイカバーを作ってみた』というツイートが流行り出すのは時間の問題なのかもしれない。しかしそのスイカバーは『バー』ではなく、玉ですね。

http://twitpic.com/a43k2g

(ライター:たまちゃん)

22 COMMENTS

名無しさん

この形で繋げたら球に出来ると思ってる所が可愛いね(m9)

秒刊名無し

すごく大きなスイカからくりねいたみたい🍉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。