日本人が「旭日旗」を振るのは人種差別だ!五輪問題で韓国人がブチ切れ

ロンドン五輪で朴鍾佑が「独島はわれわれの領土」と書かれた紙を掲げた問題を皮きりに、日韓の間で激しい摩擦が生じている。朴鍾佑の問題に対し、韓国側は日本人が掲げている、「旭日旗」(日の丸に赤白のストライプ模様がはいったもの)を掲げているのは違法だとネットユーザで意見が過熱。物議を醸している。


(画像:韓国語で旭日旗を検索した例)

問題を指摘しているのは韓国系メディアdonga.comで、独島の紙を掲げるのは駄目なのに、なぜ旭日旗が問題が無いのか理解に苦しむと記載。実際に韓国のネットユーザからは多数そのような意見があるようだ。

事の発端は、ロンドンオリンピック男子サッカーで3位となった際、朴鍾佑が「独島は我が領土」という紙を掲げたことで、国際オリンピック委員会(IOC)により政治活動に繋がる可能性があるとし、調査を始めていた事から始まる。

これに対し韓国のネットユーザが反発、日本人が「旭日旗」を振るのは違法ではないかと言う事だ。「旭日旗」はかつて日本が第二次世界大戦の際に利用していた軍旗で、日本の帝国主義を彷彿させる物であるから、ヨーロッパで言うナチスドイツの旗を振るのと同じ、人種差別だと主張。結果政治活動に繋がると言う事だ。

対して日本では、旭日旗を振っているのはノリノリの外国人だ!などと反発ているが、韓国側にとって外国人であろうと日本人であろうと、反論する材料さえあればそれは関係ないのかもしれない。また日の丸の旗を振っていると今度は「生理用ナプキンを振っている」と揶揄されるハメになる。

現在の日本では、日の丸国旗が主に利用され旭日旗は日本代表戦の必勝祈願や、祝日の際好みで掲げられ、街で見かけるケースもあるが、軍国主義を意識し、政治的な意味合いで掲げている人はごくわずかだ。サッカーの決着はついたがこの政治的問題の決着はつくのだろうか。

記事ソース
http://sports.donga.com/3/all/20120812/48573184/1

(ライター:たまちゃん)

42 COMMENTS

秒刊名無し

素直に旧軍隊を思い出して不快である、で留めておけばいいものをww
生理用ナンプキンとかいいだした時点で
日本の国旗や具体的な誇張を施した柄が
羨ましいから妬んでいるようにしか聞こえない
旗は記号であって言葉ではないのだから
無理矢理こじつけて軍旗といいはるのは
歪曲した歴史教育の賜だ
「旭日旗」とは祈りであり願いであり祝福である
即ち合掌と同じ事なのだ
もともと軍旗だというのは間違いで
必勝祈願の旗でありただの記号だ
韓国人の方々は「祈り」の気持ちを尽く踏みにじるらしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。