100円ショップで揃える『カブトムシ』の環境構築

この時期になると、スーパやディスカウントショップでたたき売りのように売り出されているあの昆虫「カブトムシ」ですが、何やら子供には人気です。カッコイイ、噛みつかない、動きがノロくて飼いやすい等の特徴が人気を呼んでいる秘訣でもありますが、いかんせんコストがかかります。そこでなるべくコストをかけないカブトムシの環境構築について、今回は参考にしていただきたい。

カブトムシの飼育環境に必要になる物は「土・枯れ葉・木・エサ・ハエよけ」などだが、全てをディスカウントショップで購入するとなるととんでもない金額になる。しかも金額が良いからと言ってカブトムシが喜ぶわけでもないので、できることであれば、安く済ませておきたいところだ。

そこで活用してほしいのが100円ショップ。この時期になると何故か100円ショップでもカブトムシの飼育セットが売られているので活用してほしい。しかしすべて100円ショップで購入すればよいという事ではない。なぜなら100円ショップで逆に高くなってしまうものがあるからだ。

購入して良いものは以下。

・のぼり木
・土
・エサ台
・ハエよけ

などになる。
エサ台は、ディスカウントショップでも150円~300円ほどになるが、100円ショップなら言うまでもなく100円だ。

―100円ショップで買ってはいけないもの

ちなみにカブトムシのゼリーは買ってはならない。なぜなら3つで100円と言うとんでもない金額になっている。1つあたり33円にもなる。こちらは逆にディスカウントセンターで50個で500円ぐらいのものがあるのでそれを活用したい。味の違いはよく判らないが、カブトムシが成長すればそれでよい。

ケースも100円ショップで網のケースが売っているが、それはやめたほうが良い。PCと同じく拡張性が高い大きなケースにしておかないと、後々様々なパーツを投入し、環境構築を行う事を考えておくと、100円の網ケースではもたない。しかも、土が無いとカブトムシが心地よく過ごせないので早死にする恐れもある。また、ケースを破壊して逃げ出される可能性もある。

以上を踏まえると、おおよそ以下のコストとなる。

・土(100円)
・エサ台(100円)
・のぼり木(100円)
・エサ(500円)
・ケース(500円)

ちなみに、カブトムシのつがいを飼い始めて3日目、最初はお互い距離感を置いていた2人も、本日は2人で仲良くエサを食べている様を見ると実に微笑ましい。このまま旨い具合に結ばれれば良いが。

15 COMMENTS

秒刊名無し

つがいで飼って数個で済むわけないだろ
生命力と値段は関係ないし
自分で飼ったこともないアホは黙ってろよw

秒刊名無し

餌は常に入れておかなくちゃいけないものだし、毎日取り替えないとカビ生えたり腐ったりするからな
数日しか飼わないならいいけど、死ぬまで世話するなら50個パックのがお得。
ペット飼ったことある人なら誰だって分かる事だと思うけど…

秒刊名無し

>>10は頭が悪いな。
カブトムシが一日にどれだけ食うか解っていない。
それとも買った直後に死ぬのかよ?

秒刊名無し

この記事多頭飼い前提なの?
ならエサはまとめ買いがゼッタイお得だが
その場合500円の飼育ケースで間に合うんだろうか。

UGG クラシックトール

1880円と安く購入できたので大満足です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。