名古屋の食通を「うみゃあ」と唸らせるあんスパ専門店『サヴァラン』に行ってみた

あんスパ

初めてあんスパを見せると大概の人が多いに驚く、名古屋のB級グルメあんかけスパゲティ。どくとくのとろみのついたスパイシーなあんに、2.2ミリという極太麺をからめた名古屋人が愛してやまない主食。名古屋人が味噌カツやきしめんを食べていると言うのは大いに間違いで、どっちかというと、あんスパのほうが多いだろう。今回はそんなあんスパのなかで、名古屋人が思わず『うみゃあ』と叫ぶような食通が通う店を紹介したい。



samap
画像

今回紹介するのは「サヴァラン」と言う店で、CBCテレビ放送の目の前にあるこじんまりとした店だ。 Googleストリートビューでは違う店が入っているが場所自体は同じだ。後ほど紹介したい。

店内に入ると、4人掛けの机数台と、一人用の壁向き席が用意されている。おひとり様でも心配なくご来店可能だが、心配なのは店員のお母さん。かなりのツンでそっけない態度を取られてしまうが、ずっとこんな感じなので、通は気にしないのが鉄則。むしろこれが愛嬌。

あんスパ
画像

メニューは他店と同じく、カントリー系(野菜系)やミラネーゼ系(肉系)があり、更にランチメニューが豊富。ハンバーグやエビフライなど、あんスパではないものも。今回は肉系のピカタを注文。豚肉に玉子をまぶしたものだ、更に欲張って玉子とベーコンをトッピングし、玉子づくし。

ボリュームはかなりあり、これでも一番小さいサイズ。もちろん大盛りも可能だが、よっぽど胃袋に地震がある人でない限り大盛りはお勧めでいない。とにかく満腹感がハンパない。

アンスパ2
画像

ソースは、他店と同じくピリ辛のあんかけソース。サヴァランはこのあんが異様に濃く、どろっどろになっている、そのせいかとにかく口に入れた瞬間は熱い。すぐ近くに水は用意してあるので、それで消火すると言う作業に。ただこのとろみが、とにかくうまい。逆にこれぐらいとろみが無いと、あんスパとしては成立出来ないのではないかと思える。

DSC_0096
画像

なぜなら、終盤に差し掛かるとあんの量が少なくなり、油の量が多くなる。通常の店では途中から油が多くなり、あんスパのとろみが失われてしまうのだ。

ところがこのサヴァランでは、最後まで実に豊かなとろみを継続していただけるので、最初から最後まであんスパを楽しむことができる数少ない名店。

ちなみに、あんスパといえばヨコイが一番有名だが、ヨコイのあんは少しオシャレをし過ぎていて、最後まであんが継続できない。サヴァランはどろっどろで実にワイルドだ。

DSC_0100
画像

また、栄よりに歩いていくと、同じようなあんスパ店「ユウゼン」もある。こちらもサヴァランほどではないが、とろみは強いので、休みだった場合に利用したい。

samap

場所は、東山線で新栄町2番出口から徒歩10分ほど。
判りにくい方は、同じく東山線の栄12番出口から東に歩いていくと良い。
目印はCBC放送局の目の前だ

http://g.co/maps/tnn6x

ちなみにあんスパ食べに行く?と名古屋県外の友人に誘うとあんかけではなく「あんこスパゲティ」を連想する方も多いが、これは喫茶マウンテンの影響なのかもしれない。

【関連記事】
名古屋が大変!堤防決壊&大洪水で100万人に避難勧告
気持ち悪い!『イタリア』の超横着料理が話題に

(ライター:たまちゃん)

17 COMMENTS

秒刊名無し

名古屋近郊に住んでたことがあるけど
うみゃあなんて言葉、きんさんぎんさんが言ってたぐらいしか
記憶になくて、俺の記憶が合ってるのかイマイチ「地震」がなかったけど
地元のひとの指摘があって安心した
ウソ書くなよ

秒刊名無し

とりあえずうみゃーとニガーの関連について早く説明してよ

秒刊名無し

知り合いの店の宣伝かい?
たまちゃん名古屋の人だったんだね

秒刊名無し

誤字脱字、悪文、句読点の打ち間違い・・・・・
ひどすぎて笑った。

秒刊名無しさんでー

接客ひどいよ、てか接客じゃないわ。
ドア開けたら、何の勘違いか知らんがいきなりケンカ腰でインネンつけられて、とてもメシを食う気分にならないからUターンして出てきた。もちろん身に覚えはない。本人からもおばさんからも釈明も謝罪もない。金輪際行かん。
これからは「ユウゼン」か「そーれ」に行くわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。