脱原発派である坂本龍一氏の『日産リーフ』CMは不当!ネットで物議

dwdwq

坂本龍一氏が出演する日産の電気自動車『日産リーフ』のCMに対し、不当表示に当るような個所や、根本的に坂本龍一氏を起用すると言うキャスティングがいかがなものか、という議論がTwitter上で起こっている。坂本さんといえば、脱原発を推進する一人であることは有名だが、彼の起用がいったいなぜ問題があるのか。そして何が不当にあたるというのか。


cwe

脱原発派でありながら電気を使う車に乗る坂本氏

さて、この『日産リーフ』のCMに対し2つの問題点があるとネットで指摘されている。その一つが脱原発を推進している坂本さんが、電気自動車のCMに起用されることは適切ではないといとうことだ。なぜなら、電気自動車はその名の通り、電気で走る車。電気は言うまでもなく原子力発電所や火力発電所から作られる。

つまり間接的に原子力発電所の電気を使って走る車に乗り換えましょう!と演出上ながらも坂本さんは言ってしまっているのだ。おやおや、脱原発の話はどうなっちゃったの?坂本氏のCM起用は不適切なのでは?という突っ込みがTwitter上で起こっているようだ。

CO2を出さないというのは不当表示では?

dwd
(参照:日産リーフTwitter

さて、次に問題となっているのは100%電気自動車であるからCO2を出さないというが、発電させるために間接的に化石燃料などの火力発電を使い電力を供給しているので、全く出さないというのは嘘ではないかと言う事だ。この件に関し、日産リーフ公式Twitterはあくまで『走行中のCO2』は出ないと言う事を説明

hiho

画像

つまり要約すると、発電に関するCO2は今回は関係なく、
あくまで『走行中のCO2』は0であるということだ。

wdw

この件に関し、公式サイトの動画にも確かに『LEAFは走行中に全くCO2を出しません』との記載がある。
また、坂本氏はCM内で『自分がね、CO2をどのくらい出して走ってるのか。いつも気になっていたんですよ。この車、そこが完全にゼロですよね。』と太鼓判を押す。

以上の件を踏まえネットでは『坂本氏は、脱原発派でありながらCO2も嫌うのか』などと揶揄されている。

確かに、日産側がCO2排出に対し、発電に関するフローは無視するというスタンスを踏まえると、脱原発派であろうとなかろうと、坂本氏というキャスティングは問題なかったのかもしれないし、一般消費者がそこまで過剰に反応する可能性も今回は低そうだ。

【記事参照】
the new オーナー 坂本龍一(30Sec) - YouTube
坂本龍一氏の日産リーフCMについて「(走行中は)CO2出してないから不当表示ではない」

【関連記事】
また原発デマ。福島県の魚を食べた男性が急性リンパで亡くなるというデマ拡散

35 Comments

秒刊名無し

太陽光発電の話を出したらダメだよ。
その詐欺に引っ掛かった記者がいるんだからwww

秒刊名無し

二酸化炭素出さ無い為には、呼吸し無いで、ウンコもし無い事だ。

秒刊名無し

マスコミを信じるな。洗脳。CMも洗脳。

秒刊名無し

なんか「原子力発電所は発電時にCO2を出しません」って言ってた原発推進派の理屈と同じ感じがするんだよね、このCM。私ゃ、自分のクルマの排気ガスの臭いで「環境に負荷かけてるんだな」って思いながらガソリン車に乗る方が健全だと思う。

秒刊名無し

発電時にCO2を出してるんだから、充電中にCO2を出してる事にならんか?

秒刊名無し

定量的にみると、火力発電で発電した電気で電気自動車を動かした場合、最近の低燃費自動車や、ハイブリッドに比べて、トータルで二酸化炭素は多く排出します。日本では定量化したレポートは出ていませんが、フランスでは公式な機関が報告書を出しています。日本は役所が企業よりなのでこの手のレポートは出さないのだと思います。
結局、電気自動車が二酸化炭素を出す量を減らすには、原子力発電に依存するしかないというのが現実です。
太陽光発電という人もいますが、電気自動車を購入する人の多くは、電気自動車が高くても燃料代(つまり電気)の安さで、将来回収できると思っています。この考え方と発電コストが他の発電の5倍から10倍もする太陽光発の電気を使えば二酸化炭素を出さないというのは大きな矛盾です。
とにかく日本では定量的な評価なしに、起業がイメージだけで、ものを売ろうとしていると思いますが消費者がもっと賢くならなければなりません。

ソースも無しに力説されてもね。
そのフランスの報告書とやらが(実在するかどうかとか、出どころも含めて)おかしい可能性は
無いのかね?アカの手先のお●ェ●ブ●さん(笑)

秒刊名無し

アルゴンヌ国立研究所
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%83%8C%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80
日本政府の原子力推進政策を受け1955年に東京大学工学部の大山彰と通商産業省の伊原義徳が米国原子力委員会アルゴンヌ国際原子力科学技術学校の第一期生として同研究所に派遣された。また、鳥飼欣一もアルゴンヌ国立研究所で学んだ。彼らアルゴンヌ留学生たちが、帰国後、茨城県東海村の日本原子力研究所において本格的な原子力研究を開始し、日本初の原子炉を完成させたといえる
どうみても、原発推進派のベクトルがかかっているように思うんだけど。
バイオマスエネルギーを含めて、アメリカべったりになっているだけでは、と心配。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。