世界一恐い式?人類滅亡の日を示す式がTwitterで話題に

976237_wtc

マヤ文明の予言によると、人類滅亡は2012年に訪れるということになっているが、最近の巨大地震・台風・金融危機・・・徐々に世界の終りが現実味を帯びているような雰囲気になってきているが、はたして本当に終わりは来るのだろうか、そんな滅亡の日を導き出す公式がTwitterで話題になっている。それは東日本大震災と、世界同時多発テロと繋がると言うのだが。


avcdq
画像

世界同時多発テロ2001年9月11日、東日本大震災2012年3月11日、それぞれ下二ケタ同士をプラスすると、2012年12月22日。

マヤ文明の予言は本当だったのだろうか、それともこれはただの偶然なのであろうか、来年末に世界の終焉が来るのではないかと連想せざるをえない公式だ。

もちろんこの日に何かが起こるという科学的な理由は全くないが、世の中を震撼させた二つの事件と過去の予言が結び付いたこの式にTwitterでは多くのリツイートがされたようだ。

いずれにせよこの公式の結果で求められた日は必ず来るわけで、その日になったら答えがわかる。1999年人類滅亡説の時のように、何事もなく2013年を迎えたいものだ。

【参考ページ】
http://yfrog.com/hsavcdqj

(ライター:たまちゃん)

104 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。