静岡県にある『さわやか』のハンバーグがヤバい!肉汁の大洪水

IMG_0898

静岡県にしかない知る人ぞ知るハンバーグレストラン「さわやか」。その中毒性の高さから県外の方が、わざわざ静岡県まで足を延ばして食べにくるほど病みつきになると言われているほどの人気っぷりだ。さて、そんな「さわやか」をあまりよく知らないが美味しいハンバーグを食べてみたいと言う方は是非食べていただきたいので今回のエントリーで紹介したい。


IMG_0894

ハンバーグは最初、肉汁もソースもなにもかかっていない『肉』そのものの状態で登場する。この時点で他のハンバーグと一線を置くわけですが、問題はこのハンバーグの食し方である。

知らない方は想像してほしい、このハンバーグをどのように食べるのか。大抵の方は、このハンバーグにフォークとナイフを入れ、肉汁ジュワーっ!とさせることを想像するのであろう、だがそれは間違いだ。

文字で表すには限度があるが、表すとすれば『ナイフで真っ二つ』→『鉄板に押し込みジュワー!』→『ソースぶちまけ』→「肉汁+ソースの大洪水コラボ!」のようなフローだ。

その味たるや、肉肉しいことハンパない。ステーキよりも肉らしいその味は、一度食べたら他のハンバーグがお子様ランチに見えてしまうほどの衝撃を受ける。

ではお待たせしました、その「さわやかハンバーグ」の食し方を動画で見ていただきたい。

【動画へのリンク】

静岡県民であれば、「そう!これこれ!」
静岡県外で食べたことがない人であれば『なんだこりゃ!』という印象を受けるのであろう、無理もないこんな解体ショー他ではあまりお目にかかれないし、わざわざ目の前で調理すると言うのは人件費がかかりそうだ。

しかしさわやかは、その「ハンバーグの解体ショー」があってこそハンバーグの味を引き立てているという事を十分理解しているし、お客さんもそれを目当てで来る。従って店内は、肉を運ぶ音・肉を切る音・片付ける音等々でてんてこ舞の店員の姿を目にする。

味は2種類、「デミグラスソース」と「オニオンソース」だ。殆どの人がオニオンソースを頼み、独特の味わいを楽しみ、言いしれぬ満腹感を得る。そして強烈なにおいを放つゲップを出し、帰りの車内で大騒ぎになるのが恒例。「さわやか」はそれも計算に入れ会計後にスーっとした飴を無料で支給する。これがまたさわやかなテイストでうまい。だから「さわやか」なのかな?そんなたわいもない話をしながら、また来ようと心に誓う。

ということでまた食したことがない方、静岡県に遊びに来た場合さわやかを探してみてはいかがだろうか。

40 COMMENTS

秒刊名無し

保土ヶ谷のハングリータイガーで、40年ぐらい前からやってるよ。
沸騰したソースが客に飛び散らないよう、ナプキンを広げる演出付き。
在の人達だと、外の世界で何が起こっているかなんて分らないだろうね。
情弱というのは、まあそんな事だ。

秒刊名無し

日本一愛されてない個人サイト管理人
それが湯川

秒刊名無し

>>22
ハングリータイガーはそのスタイルの調理方法で食中毒出してるけどな

秒刊名無し

>>22
食中毒www
しかもビビって一時期廃止してんじゃんwww
元祖が聞いて呆れますね~
モチロンさわやかでもナプキンは使ってますよ^^
情弱というのは、まあお前の事だwww
湯川はdisっても、さわやかさんdisってんじゃねーぞコラ

秒刊名無し

ビッグボーイの大俵も同じだよな。
関西のどっかの洋食屋のハンバーグがナイフ入れた瞬間に
一瞬湧き水みたいに肉汁が噴出すのがあったはず。
店名覚えてないのが残念。
おは朝かごきぶらか本若でやってたと思う。

秒刊名無し

24と25は、「さわやか」さんがまんまパクったこの調理方法は、食中毒を
出しかねないぐらい危険な調理方法だ、と警告してくれてるってことでおk?

秒刊名無し

さわやかってそんなに感動するかね。疑問。
以前も浜松駅周辺が閑散としてるとかの記事で無理やり話題つくろうとしてたよね
../wp-content/uploads/sunday/2009/01/post_271.html

秒刊名無し

安いどこかのひき肉を使ってるんだろう

秒刊名無し

浜松市民だけど、駅前は全然閑散としてないよ。
遊ぶところは全然ないけど、人だけは無駄にたくさんいる。
まあ、さわやかは美味い。
創業価格フェアのときは結構混む。

現在コメントは受け付けておりません。