津田大介さん『Twitterは終わったコンテンツ』と言い放ちGoogle+を始め話題に

インターネットの動向に詳しい、人気ジャーナリストの津田大介(37)さんが『Twitterはもう終わり感が漂い始めてきたので、これからはGoogle+で頑張っていきたいと思います!』とGoogle+を使い始めたことが話題になっている。どういう理由でTwitterが終わったのかは不明だが、コミュニケーションインフラとして終わっていると説明。前日にはTwitterでユーザに暴言を吐くなどしていることから、何かしらの心境的な変化があったものとおもわれる。


津田氏は前日に、南相馬市に向かい取材活動を行っていたが丁度その時地震が発生したことによりユーザから「君は津波が来ることを祈っているわけですね。」などと、いじられたことに腹を立て「そんなことねーだろバカ!」と暴言。

それ以前にも津田氏にかみつくユーザが多く、人気フォロアーならではの悩みを抱えていた。そんな彼が新たな活動拠点として置いたのが、Google+だったのかもしれない。

津田氏によると

(俺が求めるコミュニケーションインフラとしての)Twitterはもう終わり感が漂い始めてきたので、これからはGoogle+で頑張っていきたいと思います!

と発言。Twitterに対し何かしらの見切りをつけたようだ。
彼に噛みつくユーザに嫌気がさしたのか、それとも単純に勉強のためなのか定かではないが、Google+のユーザは『やっと津田さんがキタ――(゚∀゚)――!!』『待ってました』『マジですか!?』と歓迎ムード。

これを受け『ツイッター以上に一日中はりついていたら5倍くらい立派な廃人になれそうなサービス』とご満悦の様子。はたしてこのまま津田氏はTwitterでツダることを辞め、Google+でツダることになるのか、動向に注目したいところだが、どうやらすぐに飽きたらしく

Google+に旅立って見たらそこは北斗の拳のような世紀末的世界でした……。
やっぱりツイッターが一番ですね!( ´ ▽ ` )ノ
http://twitter.com/#!/tsuda/statuses/104860260828844032

とやっぱりTwitterが良いことを再認識。彼を信頼するユーザにとって右に左に振られる始末となった。

(ライター:たまちゃん)

【津田氏のアカウント】
https://plus.google.com/107266595111301357110/posts
(Google+は招待制です)

21 COMMENTS

秒刊名無し

Google+って自分で自己紹介を作ることから始まるのだね。タグという自己紹介を。ツールを変えても人間は変わらんのよ。

現在コメントは受け付けておりません。