『メローイエロー』は過大評価?もう一度飲んでみたいNo.1飲料レビュー

gooランキングにて、「もう一度飲んでみたいソフトドリンクランキング」第1位に輝いた、知る人ぞ知る幻の飲料水『メローイエロー』が復活したと言うのでさっそく飲んでみた。メローイエローは1983年に販売開始し、一時販売を終了したが2004年に復活、そして2011年の6月27日再復活したのだ


こちらがメローイエローのパッケージだ。
当初、缶ジュースだったのでペットボトル入りのメローイエローは新感覚。
缶ジュースが、公園や神社に良く落ちていて、何のジュース何だろう?と
疑問に思っていた頃が懐かしい。恐らく分かっている人が多数だと思いますが
『メロンイエロー』否。メローイエローなので注意してほしい。
つまり、メロンは入っていない、という前置きはググっても出てこないぐらい常識なので
覚えておきたい。

パッケージには、不思議なキャッチコピーがあることに気づく。

メローイエローは時間を気にせず自分のペースでゆったりとしたひとときを
楽しみたい人のためのなめらかな味わいのバランス系炭酸です。

いったい何を言いたいのか良く判らないところがメローイエローらしさ。
つまり自分でも良くわからないけど飲んでみろと。そう解釈するのが正しいのかもしれません。

さっそくグラスに注いでみると、黄色い液体がグラスの中に充満。
一瞬だけ炭酸の泡が盛り上がるも、すぐに消えるところが滑らかな炭酸なのだろうか。
味は覚えてていないが、不思議な味だったことを覚えている。

ペットボトルの袋を脱衣したところ。
良く見れば、同じ色のあの炭酸にそっくり。
袋を付け替えればまさにそれになりそうだ。

さっそく飲んでみると、やはり懐かしい味だ。
何とも言えない、何とも評価しがたい味わいで、いうならば果実系?
シトラス系と言われているが、シトラス系といってもピンとこない人が多いと思うので
伝わりにくいが、あえて言うならば、やはりあの黄色い柑橘系炭酸飲料にそっくり。
目を閉じて飲むとまさにそれ。

肝心のうまいかどうかだが

あえて、私は5点をつけたい。つまりわからんのだ。
うまいかと言われると、そこまでおいしいとは感じず、言うならば過大評価。
うまくは無いが、これがなんであるのか、何が入っているのかと、人生のように悩みながら
飲んでいくのが、良いところなのかもしれない。
たまに出てきて、消えていくレアな飲料。まるで江頭2:50のようなものですが、このミステリアスで
謎めいた点が話題性を呼び、もう一度飲んでみたいと思わせるのではないだろうか。
次回に発売するのは、5年後?10年後、どちらにせよ気になって飲みたくなる確率は大。

ライター:ユカワ

【販売元】
http://www.cocacola.co.jp/

13 COMMENTS

秒刊名無し

好みのものに過大評価とか言わんでくれよ。
俺はすごく好きな味。
350ml のアルミ缶で出してくれたら良かったのに。

秒刊名無し

マウンテンデューが出た当時は毎日飲んでたよ

現在コメントは受け付けておりません。