7月20日からTwitter有料化?恒例のデマが再度広がる

国内Twitterのユーザも1500万人に増え、サービスのキャパが耐えきれず、ついに7月20日から課金する!という実しやかな噂がTwitterで広まっている。実は去年にもこの手の噂が広まったが公式サイトでは『日本においてTwitter は無償のサービスであり、有料アカウントの計画は無い』と否定している。はたしてこの噂はいったいなぜ広まったのか。

有料化を報じているサイトの情報によると

ミニブログサービスのツイッター日本語版が7月20日からほぼ全面的に有料化される事が21日、分かった。有料化は日本語版だけが対象となる。有料化の背景として、先ず東日本大震災以降、日本人のツイッター利用者が一気に2倍近くに膨れ上がり、サービスのキャパシティ面を逼迫していることを挙げている。

ツイッター日本語版、7月から全面有料化

金額は30ツイートまで無料で、その後20円~50円という従量制になる。
どうやら震災以降ユーザが増大し、サーバやサービスのキャパがオーバし有料化に踏み切るということだが

本当だろうか。

と、悩む前に冷静に考えてもらいたい。7月20日と言えばあと1カ月もない。
1500万人いるユーザに突如1か月しかない猶予の無い中、有料化するなどと言うのは現実的ではないし
そもそも、有料化システムを完成させる時間も足りない

それ以前にソースが「アンサイクロペディア」(誰でも編集可能なオンライン辞書)という時点で信憑性は薄い。
そして、1か月前なのに、公式サイトからのプレスリリースなし。

以上。

―公式より正式にデマと断定

さきほど、日本の公式Twitterアカウントより正式に否定。(22:30頃)

深く考えればありえないことは明白なのだが、Twitterという媒体を通すと、何故か友人や
知り合いから流れてくる情報が本当のように思えてしまい、真に受けてしまうユーザが多いようだ。

実は2009年にも同様の有料化の噂が広がったが、Twitterは
『有料アカウントについて検討したり計画を立てたりしたことはありません』とキッパリと否定。
だが、もし有料化されるとしたら、ニコニコ動画のようなメリットのある別プランが設けられるという案が
現実的ではないかと思われる。

有料化というデマが拡散したところで、発信者に何のメリットもないと言うのに
なぜこのようなデマが拡散してしまうのだろうか。

(ライター:たまちゃん)

【関連サイト】
Twitterブログ: Twitter 関連サービスに関する一部報道について
UnNews:ツイッター日本語版、7月から全面有料化 - アンサイクロペディア

11 COMMENTS

トリーバーチ ブーツ

54. enjoyee!名無しのランチパックtime 2012年07月21日 23:16 id:sae.1nz00. ホモスレかとガチで勘違いした. 55. enjoyee!名無しのランチパックtime 2012年07 月21日 23:26 id:pn1x25hy0. この間女二人絤みナンパしたら一人は ...

現在コメントは受け付けておりません。