14日フクシマ原発上空にUFOが現れたという騒ぎが発生

6月14日深夜、フクシマ原発上空に怪しげな光が観測され、動画に納められていることが分かった。その動画によると、上空に、明らかに星や飛行機ではない光が静止しているのが撮影されており、徐々に拡大していくと何かの乗り物のようにも見え、撮影者はこれをUFOではないかと説明している。はたして本当にUFOなのだろうか。であればなにしに来たというのか。


1機目のUFOは、原発の中心あたりから、突如光を放ち、ワープをして消える。
さらに、2機目のUFOが登場し、こちらも一瞬光を放ちこちらも消えていく。
原発の煙が立ち込める不気味な空間から現れるUFOは、いったい何をしに地球に来たというのか
もしや、地球の放射能汚染濃度を心配して地球外からも観測しにデータを採取しに
来たというのだろうか。となると、フクシマ原発は宇宙レベルで高い放射能汚染を起こしているのかもしれない。
日本ならずとも、世界に、そして地球外に被害が拡大していくフクシマ原発の終息は
いったいいつになるのだろうか。

―問題の動画

ライター:たまちゃん

7 COMMENTS

秒刊名無し

宇宙人まで見に来るってことは、相当ヤバい状態なんだよ。
2012

秒刊名無し

この宇宙人か未来人は被ばくしてないの?

秒刊名無し

なんかUFOの光の当たり方おかしくないか?

秒刊名無し

今はもうこういう映像は誰でも簡単に作れるからなあ…

秒刊名無し

14日は既に高濃度放射線出てたから
映像に白い抜けや発光が生じても不思議はないな

現在コメントは受け付けておりません。