吉野家が細々と『豚丼』を販売し続ける理由

buta

吉野家で牛丼のほかに何故か『豚丼』が売られているのをご存じだろうか。豚丼は2003年末の米国産牛肉の輸入禁止を発端として、2004/2月~2006/9月の間、十分な牛肉の確保が出来ない代わりに、編み出された代替品牛丼ほどとまではいかないが、牛丼と遜色のない味わいにファンをうならせた。しかし、牛肉が確保できるようになった現在豚丼ではなく、やはり牛丼を注文する客のほうが多い。それ以前になぜ『豚丼』を販売し続けるのか。早速取材しました。


buta2

吉野家では現在、レギュラーメニューとして、牛丼・牛鍋丼・牛キムチクッパと共に豚丼を販売。
それぞれ、牛丼が並盛380円、牛鍋丼が並盛280円、牛キムチクッパが280円そして
豚丼が330円と、牛丼よりも50円お得だ。
お得とはいえ、牛丼専門店で豚丼を販売し続けるのはいかがなものなのか。
さっそく、吉野家に聞いてみたが、その前に当サイトでもなぜ豚丼を販売し続けるのかを
考えてみました。

―予想される理由

 1.豚丼の利益率が高い。
 2.豚を大量に確保して余ってしまってさばいている最中。
 3.牛丼が食べれない人向けの配慮。
 4.再度牛肉が確保出来なくなったときの備え。

ということで、さっそく取材してみました。

Q.豚丼を販売し続ける理由はなんですか?もう牛丼だけでいいのでは?

yosi3

A.2004/2月~2006/9月まで主力商品の牛丼の販売を休止いたしました。
その間、豚丼が開発されその以降も、バラエティーとして何品もの商品を販売しております。 
現在でも、新商品や季節限定メニューは随時販売しておりますが
商品の指示(年代層も含めたニーズ)が高い商品は継続して
販売していくことは、実施しております。その一つが豚丼でありました。
今後も吉野家は、主力の牛丼を中心に他のバラエティーは進めてまいります。
(一部略)

なるほど、かつては牛丼一筋だった吉野家も、牛丼騒動を教訓に牛丼以外の主力商品を模索中。
そのうちの一つが、豚丼であり、豚丼以外にも商品を開発中ということだ。
とりわけ、最近で言えば、牛鍋丼だが、牛肉不足になれば牛鍋丼も厳しい。
その為、豚丼の様な人気商品はレギュラーメニュに取り入れるという事だ。

豚丼が人気だったのは、たまたま牛丼が無くなってしまったからなのかそれとも
本当に味が良かったからなのかは不明だが、一番人気の牛丼以外の商品もたまには味わってみるのも
いいかもしれない。

取材・ライター:ユカワ

19 Comments

秒刊名無し

吉野家は湯川のノリを理解して「指示」なんて書いたんだと思う
吉野家△

秒刊名無し

記事の内容が薄いな
夏休みの自由研究レベルww

秒刊名無し

今更BSE以来不味くなった牛丼のみにしたところで客が来ないからだろ。

吉田 香子

◆◆当店は最安値且つスーパーコピー品高品質をご提供します。
信じるかどうかをちょっど確認してください。今時間があれば。
◆◆ルイヴィトン、シャネル、ミュミュ、グッチ、コーチ
ロレックス、IWC、OMEGA、CARTIER、TUDOR
「バッグ」の最低価:15000円
「財 布」の最低価:7000円
「腕時計」の最低価:15000円
コピーブランド激安市場の人気の商品が大いに安くて売ります。
日本一安い激安ブランド販売店です。日本的な人気と信頼を得ています。
激安コピーブランド完璧な品質で、欲しい商品はお手に入れの機会を見逃しなく。
■http://www.ebrandcopy.com
■店長:吉田 香子
■連絡先:ebrandcopy@yahoo.com

秒刊名無し

※6 それ、喧嘩を売りに行くの間違いだろ?!
個人的には、カレー丼の復活を望む。

秒刊名無し

豚丼めっちゃおいしいしな。
記事内容薄いな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。