上海の精肉店で豚肉を買ったら突然発光する騒ぎ

china-glowing-pork-02

精肉店で、豚肉を買ったら光った!そんなことがありえるだろうか。上海の精肉店でとある一家が、餃子を作る為に肉を購入し、家に持ち帰ると、23時ごろ、突然青白く光を放ったという。いったいなぜこんなことが起こるのだろうか?豚が特殊な液体を呑み込んだとでも言うのだろうか?この肉を買ったチェンさんは、恐ろしさの余り肉を食べなかったという。


china-glowing-pork-01

こちらが、チェンさんが餃子用の為に購入した豚肉。
見てわかるように、肉が青白く光っている。もちろん発光させるために液体を肉に振りまいたわけではなく、精肉店で購入したものをそのまま、置いてあっただけである。

china-glowing-pork-04

調査の為、この肉を触ったところ、なんと手についた物質が青白く光りだしたという。
この青白く光る肉は2月から度々報告され、食品安全委員会が調査に乗り出したところ、細菌やバクテリアの汚染で引き起こされたものだとしている。ただし、加熱など調理をすることで人体への影響はないとしている。

人体の影響はないとしても、光る肉を食べれば体内で光りだすなんてことが起こるのではないかと心配され、好き好んで、食べる人もいないだろう。

【関連記事】
Blue Glowing Pork Meat Found In Shanghai – chinaSMACK

32 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。