24時間テレビ、イモト&みやぞんがギネス達成も迷走していると困惑の声続出の事態に

22日に今年も「24時間テレビ43」が放送されました。自粛が求められる現状では、娯楽として例年以上に楽しみにしていた人も多いかもしれません。コロナの影響を鑑みて無観客での実施ということも話題になっていました。その中で出演者がギネス記録に挑戦するコーナーがあり、ネットを中心に早くも大きな話題になっているようです。

今年も24時間テレビが放送される

22日、「24時間テレビ43」が放送されました。

「ジャニーズWEST」の出演やコロナウイルスにより急逝された志村けんさんを題材にしたドラマを含めた構成で放送開始前から話題になっていました。

イモト&みやぞんがギネス記録を更新

そして番組内では出演者がギネス記録に挑戦するコーナーが設けられており、タレントのイモトさんとお笑いコンビ「ANZEN」のみやぞんさんとが1分間フライングディスク背面キャッチに挑戦し、ギネス記録を塗り替えるという快挙を成し遂げました。

イモトさんとみやぞんさんの記録は55個キャッチ成功し、それまでの記録である51個を塗り替えることに成功したのです。

趣旨に疑問の声も

このギネス達成に関して、SNS上でも「凄すぎる!」「ギネス更新おめでとう」といった祝福が多く見られます。

ただ、その一方で24時間テレビの企画そのものに対して疑問を持つ声も寄せられています。

ネット上では「それって地球を救うことに繋がるの?」「ネタ切れしてる感がすごい」「数年間迷走を続けているように感じる」といった、疑問を感じるユーザーの声も多く見られます。

他にも、志村けんさんを題材にしたドラマを放送したことでも、賛否両論さまざまな意見が続々と集まっている状況のようです。

恒例のマラソンに関しても物議を醸す状況となっており、24時間テレビに関しては本年もさまざまな意見や感想が向けられることとなりそうです。

とはいえ、イモト&みやぞんコンビが24時間テレビを盛り上げたのは事実です。今回の活躍をきっかけにまた面白い企画へのチャレンジを期待しましょう!

source:24時間テレビ43 Twitter公式アカウント