恐れていた事実!カフェオーレに含まれる炭水化物の量を視覚化した結果!

IMAG7500
コーヒーが苦手な人でも、子供でも飲めちゃうのが甘くて美味しいカフェオレです。グリコから販売されているカフェオーレは、老若男女昔から愛されている飲むとホッとする飲み物ですよね。そこで今回は、カフェオーレ、カフェオーレたっぷりミルク、マイルドカフェオーレの3種類を用意して含まれる炭水化物の量を角砂糖で視覚化してみることにしました。


・カフェオーレ
IMAG7502

1本当たり、21.9gの炭水化物が含まれています。
これを1個3.7gの角砂糖で表します。
21.9g÷3.7g=5.91g
角砂糖約6g個分の炭水化物が入っていることがわかりました。

・カフェオーレたっぷりミルク
IMAG7503

1本当たり、20.0gの炭水化物が含まれています。
これを1個3.7gの角砂糖で表します。
20.0g÷3.7g=5.4g
角砂糖約5.5g個分の炭水化物が入っていることがわかりました。

・マイルドカフェオーレ 1000ml
IMAG7501

100g当たり10.1gの炭水化物が含まれています。
1本1000mlなので10倍し、これを1個3.7gの角砂糖で表します。
10.1g×10÷3.7g=27.29個
角砂糖約27.3個分の炭水化物が入っていることがわかりました。

甘い物を飲むとホッとしますが、これだけ炭水化物が含まれていれば、疲れたときの栄養補給にもなりそうですね。

1 Comment

秒刊名無し

重さを重さで割って答えが重さになる???
小学生からやり直して。マジで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。