フジロック、西城秀樹が棺桶でYMCAの追悼アート不謹慎すぎると炎上

スクリーンショット 2018-08-04 10.40.49
今年5月に亡くなった、故西城秀樹さんを偲ぶために、フジロックフェスが企画した「追悼アート」なるものが問題となっております。フジロック側はロックというテーマでYMCAのポーズをする西城秀樹さんを作成したかったようですが、その状態があまりにも死者を冒涜しているのではないかと、炎上してしまっております。


ということで、現在問題となっておりますのはこちらの投稿に有るような、棺桶の追悼アートだということです。今年5月に亡くなった、西城秀樹さんを偲ぶモニュメントのようですが、骸骨に棺桶、その状態でYMCAポーズをとるというなんともシュールな作品ではあります。ネットでは「これは許せない」「死者への冒涜である」「不謹慎すぎる」などの声が寄せられております。

逆に西城秀樹さんや音楽へのリスペクト?

しかしこの作品に対して、ある程度理解をする人もいるようで「アーティストが亡くなっても音楽は死ぬことがない」というフジロック運営側の熱い想いもあるようです。

とはいえ、それが伝わらなければ結果的に「不謹慎」と言われてしまうことは否めないわけでありまして、なかなかハードルの高い作品となってしまったようです。

以前はヤフオクに西城秀樹さんの記念品が売りさばかれ物議を醸しましたが

果たしてこの問題は、どのような結末を迎えるのか。
会場だけではなく話題性も熱い、フジロックとなりそうです。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。