コナンの人気度半端ねぇ!映画ランキング1位も海外映画ファンは「コナンって誰?」

IMAG6770
「見た目は子供、頭脳は大人、その名は名探偵コナン!」でおなじみの名探偵コナン。コミック、テレビアニメ、映画とその人気は留まるところを知りません!全国映画動員ランキングが発表され「名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)」が5週連続で1位を獲得しました。この偉業、さすがコナンと言うべきですが、海外の映画ファンはこの結果にざわついているようです。

土日2日間で動員19万9,000人、興収2億7,700万円をあげ、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』や『孤狼の血』といった強力作をおさえて5週連続の1位に輝いた『ゼロの執行人』。累計動員は519万人、累計興収は67億円を突破

引用 livedoor news http://news.livedoor.com/article/detail/14713484/

なかなか黒ずくめの組織との対決が進まなく、ヤキモキしてコミックを買うのを辞めてしまったという人でも映画は欠かさず見ているというコナンファンの人も多いのではないでしょうか。

日本人のこのコナン愛が映画興行収入にも現れ、海外でも有名な「アベンジャーズ」を押さえての堂々の1位となったと感じられます。
しかし、この結果に海外の映画ファンがざわつく事態となっているようです。

あのアベンジャーズを凌ぐコナンとは一体何者なのか!?
そんな疑問が海外の映画ファンの声として聞こえてくるようです。

クールジャパンとしてアニメ文化が浸透している日本だからこそのこのランキング結果なのかとも思いますが、ゼロの執行人の前評判がとんでもなく高いと言うことも影響していると思われます。

今回の主役は「黒ずくめの組織」「公安警察」「私立探偵」というトリプルフェイスを持つ安室透。
映画を見た人達の影響からか、「降谷」の判子が爆売れする事態となり社会現象を起こすほどに発展しています。

更に、主題歌があの福山雅治さんというのもヒットの要因の一つとなっています。

子供も大人も楽しめる映画と言うことで、親子だけでなくカップルやお一人様での観賞も多いのではないでしょうか。

 

さらに、日本ではアベンジャーズの存在自体があまり認知されていないと言うことも興行収入に影響しているのかもしれませんね。

(秒刊サンデー:マギー

1 Comment

秒刊名無し

名探偵コナンは知らないかもしれないけど、Ditective Conanなら十分有名

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。