インドで45センチの「尻尾」を持つ13歳少年が話題に!サル神「ハヌマーン」として崇められる

character_nue
人間は時にとんでもない能力を発揮することもあります。それは、我々が普段使うことのない未知なる領域に踏み込んだ人物のみ味わうことが出来る特殊能力。映画やSFなどではそれをミュータントなどと呼ぶこともあるらしい。そんなことが現実にありえてしまうから恐ろしいわけですが、こちらの方は物凄い機能が備わってしまいました。


-45センチの尻尾が生えてしまった少年

今回話題となっているのは、13歳のインドの少年。よりによってまたインドかよ、と言いたいところですが、やはりそこは「神聖なる国」ということでそのような現象が起きやすいのが実情なのかもしれません。

この13歳の少年、生まれつき尻尾が有り現在45センチもあるのだということです。しかも、尻尾は毛にくるまれており、まるで動物のようです。

現地の人々は彼を、ヒンドゥー教の猿の神「ハヌマーン」の生まれ変わりではないかとして崇めているということで、遠い所からはるばる彼に会いに訪れる人もいるのだとか。その際にバナナやマンゴーなどのフルーツ盛りを献上するのだということです。従って彼はそれほどこの状況に悪い思いをしていないようです。むろん、それを除去することは望んでいないのだとか。

このしっぽが生えてしまう現象は詳しくはわかっていないようですが、先天的な神経管の変形の可能性が高いのだということです。

このような不思議な少年は数々報告されており体に磁力をまとう少年など

以前話題となりました。
人間の可能性はまだまだこれから飛躍的に伸びるのかもしれません。

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/news/article-5665197/Boy-13-tail-revered-reincarnation-monkey-god-Hindus-Indian-village.html

画像掲載元:いらすとや

 (秒刊サンデー:たまちゃん

2 Comments

秒刊名無しさんでー

将来はウルトラマンと共に怪獣相手に大暴れするのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。