まさに外道!ペット用ミニブタ、譲り受け先の夫婦に美味しく召し上がられる

c142fdfc52c32d57084dbfc52f764e84_s
ペットとしてイヌやネコを飼っている家庭はあるかと思いますが、長期の旅行に出た際に、お友達や親戚のところに預けるなんてことはあるかと思います。もしくはペットホテルのようなところにお金を払って預けるということもあるのかもしれませんが、預けたあとにとんでもないことになっているなんてことは想像したくありませんよね。


ー譲り受け先のミニブタが食われる


さてこちらの話は、動物虐待から救われたペットのミニブタ「モリー」を動物保護団体が引き取りたいという要請のあった夫婦に譲渡したところ、なんとその夫婦がそのミニブタを食べてしまったということです。動物保護団体は、あまりに悲しくショックで立ち直れないということです。

このミニブタは、「ポットベリー・ピッグ」というミニブタで、動物保護団体が虐待などから救い、その後希望者に譲渡されます。

まさか食べられるとは。
この夫婦が食べてしまった理由はなんと「世話ができなくなった」とのことのようです。

ed8bf33e8f4989ead21f3eca5a46e360_s

また譲渡する際に「ミニブタ」を決して食べないという契約を結んでいたはずなのに食べてしまったということですが、残念ながらカナダでは動物を食べてしまうことには罪がないようです。

せっかく育てて助けられたミニブタ、結局最後は食べられてしまうという何ともシュールな人生ではありますこのミニブタにとってはせめて苦しまず食べられたことを祈りたいですね。

生き物といえばスシローの寿司の上で貝がウネウネ動く不気味な映像

話題となりましたが食べ物になった後も生き物の心は
生きつづけるのかもしれません。

画像掲載元:写真AC

掲載元
http://www.cbc.ca/news/canada/british-columbia/molly-the-pig-1.4550000?utm_content=buffer52b18

   (秒刊サンデー:たまちゃん

3 Comments

秒刊名無しさんでー

これタイトル詐欺な
一時的に預けたんじゃなくて譲り受けたな

秒刊名無しさんでー

タイトルちゃんと書けや
やつてることがマスコミのくそと同じやぞクソまとめが

秒刊名無しさんでー

罪を詰みだから詰んでるんだろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。