ブラックサンダーさん「義理チョコ廃止案」に「異議あり」正論ぶつける

28

バレンタインデーとなると毎年憂鬱だと感じる方も居るのかもしれません。なにせ、貰えないチョコレートのイベントの楽しんでいる方々を見ているのは本当に辛い、そんなイベントやめて欲しい。そう考えたくもなるわけですが、いまネットで「義理チョコ賛成派」と「反対派」が大きくぶつかっております。


ーゴディバは反対


チョコレートの大手ブランド「GODIVA」は義理チョコを反対しているようです。この広告はGODIVAが日経新聞に出稿したもののようで、もしかすると「バレンタインデー」そのものの意義を問い、結果的に自分の首を絞めているようにも感じ、大変勇気ある広告だといえます。

バレンタインデーは嫌いだ、という女性がいます。その日が休日だと、内心ホッとするという女性がいます。なぜなら、義理チョコを誰にあげるかを考えたり、準備をしたりするのがあまりにもタイヘンだから、というのです。気を使う、お金も使う、でも自分からはやめづらい、それが毎年もどかしい、というのです。」

引用:GODIVA

これを踏まえると、義理チョコを廃止し本命チョコだけにしようと考えているように感じます。ということでもしこれが本当に取り入れられればバレンタインデーの市場が一気に縮小、結果的にGODIVAの首を絞めることになるのですが、ちょっと待てと言わんばかりにこちらの企業



ブラックサンダーでお馴染みの「有楽製菓」さんです。ブラックサンダーを本命であげる人は少ないということで、自ら義理チョコ宣言をしておりますが、それが無くなれば穏やかではありません。

バレンタインデーは

・感謝を伝えるきっかけである。
・でもそれが大変である。

双つの意見がぶつかり合いネットで揉めております。
果たしてこの見解の結論はでるのでしょうか。

ネットを通じ、企業間同士の「チョコレート戦争」が始まったようです。
これはキノコ・タケノコ戦争より深い問題なのかもしれません。

(秒刊サンデー:たまちゃん

4 Comments

秒刊名無し

キノコタケノコ戦争とは意味が違うだろ
これを思い浮かべるなんてセンスがおかしい

秒刊名無しさんでー

ぶつけてはいないぞ
対立煽りやめろ

秒刊名無しさんでー

「ほんとそう思う」て、勝手にやめればいいじゃんな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。