年越しソバ2017は『どん二郎』で決まり!美味しく作るポイントを踏まえた作り方をおさらいだ!!

11
大晦日になると判を押したように蕎麦を食べるのも飽きてきた。もっと一年を締め括るに相応しい、エキサイティングでアグレッシブな『年越しそば』は無いものかと思案して気付いた。あるじゃないか!自宅で簡単に作れて、しかも名店の味が再現できると噂の『どん二郎』が!というわけで年越しソバ2017を『どん二郎』で華やかに啜り上げたい人の為に、『どん二郎』の作り方をおさらいだ。


ー 『どん二郎』とは?

『どん二郎』は日清食品の”どん兵衛”を使ってラーメン二郎が再現できると人気の逸品だ。うどんがラーメンになるという斬新な発想や高い再現率、そしてウマさに挑戦者が後を絶たない。
また、ネット上では『どん二郎』の様々なレシピが親切でフロンティアスピリッツ旺盛な猛者達の手によって公開されている。

17

ちなみに、どん兵衛から二郎先輩へと題された『便箋10枚にも渡る重すぎるお手紙風』に設えられた公式サイトでも『どん二郎』のレシピがちゃっかり紹介されている。
今回は公式レシピをベースに、『どん二郎』を美味しく作る為のポイントをネットで調べまくった結果をレシピとして纏めてみたぞ。

ー 準備するもの

1

・どん兵衛(東日本仕様でも西日本仕様でもOK)・・・1個
・キャベツ・・・1/6ぐらい
・もやし・・・1袋
・牛脂・・・1個
・生ニンニク・・・お好みで
・市販の煮玉子・・・お好みで
・市販の煮豚・・・お好みで

18

どん兵衛は醤油味が薄めの”西日本仕様”と醤油味が濃い目の”東日本仕様”がある。
西日本仕様はパッケージに「W」、東日本仕様は「E」と記述があるぞ。
西日本仕様のどん兵衛で作る時はお好みによって醤油をプラスするのもオススメとの事だ。

ー キャベツともやしは下ごしらえをして茹でる

2

キャベツは洗ってザク切りにする。

3

もやしはサッと水で洗っておく。

5

鍋に熱湯を沸かし、キャベツともやしを茹でる。
あまり茹ですぎると歯ごたえが失われるので、加減を見ながら茹でよう。

ー ニンニクは生ニンニクを使うのがコツ!

4
キャベツともやしを茹でている間にニンニクをみじん切りにする。
ニンニクはチューブタイプのものでもいいが、生ニンニクを使うのが断然オススメとの事だ。
香りや食感が全然違い、再現率も変わってくる。

ー どん兵衛を開封してダシと牛脂を入れる

6

どん兵衛のフタを普通に作る時のように半分ほど開けたらダシと七味の袋を取り出し、ダシを入れる。
そしておあげの上に乗せるのが牛脂!これが味のポイントになる。
ラードを使うとより再現率が増すようだが、牛脂を使うポイントは費用対効果だ。
スーパーで無料もしくは格安で手に入るので活用しない手はない。

S__8650791

ー お湯の分量は少なめ、麺が浸るぐらい

7

キャベツともやしが茹で上がり、ニンニクもスタンバイできたらここからはスピード勝負だ。どん兵衛に熱湯を注ぐ。この時、牛脂めがけて熱湯を注ぐと牛脂が溶けるのでオススメ。
熱湯の分量は麺が浸るぐらいの少なめにするのがポイントだ。そしていつも通り、フタをして待つ。通常の待ち時間は5分だが、『どん二郎』の場合は4分。
4分経過したら盛り付けに進むが、始めてチャレンジする場合など盛り付けに慣れていない場合は盛り付けで手間取っている間に麺が伸びてしまう恐れがある。
そのため、少し早い3分経過ぐらいで盛り付け工程に進むと良いそうだ。

8

3分経過後、いつもより濃いめのどん兵衛が完成。
ここからは手際よく盛り付けを行う。

9

まずは焼豚。

20

そしてキャベツとモヤシ、煮玉子。煮玉子は丸ごとでもいいし半分に切ってもいい。
最後にみじん切りにした生ニンニクと付属の七味唐辛子をふりかけたら・・・

21

『どん二郎』の完成!さあ熱いうちに思う存分食すが良い!

ー 本当にうどんがラーメンになるのか?お味のほどは?

天下の日清食品がうどんとして開発したどん兵衛がラーメン味になるとはにわかに信じがたいが、お味のほどはどうだろう。
まずはスープを・・・

12

めっちゃラーメンですやん。
ご覧頂きたい、この脂の浮いたスープを。牛脂がいい仕事をしまくってくれ、魚介の旨味と脂の旨味が見事にマッチしている。これがどん兵衛だなんて信じられねぇ!

13

食べても食べても減らない野菜を食べ進むと出て来るのがお待ちかねの麺。
これは流石にどん兵衛味では・・と頬張ると、紛れもなくラーメンでした本当にありがとうございました。

14

ふっくらジューシーなおあげ。
これは流石にどん兵衛味では・・と頬張ると、紛れもなくどん兵衛でした。ここに面影が残る。

15

生ニンニクの強烈な香りと辛味が食欲を刺激し、あっという間に底が見える。
底に溜まったスープの脂の浮き方は紛れもなくラーメンそのもの。

16

最後まで美味しく完食!
これまでの約三十年間、これほど胃袋を満足させてくれるどん兵衛に出逢った事は無かっただろう。
どん兵衛とラーメン二郎のフュージョンはとんでもない美食を生み出してしまったのだ。

ちなみに、味が薄く感じる場合は前述の通り醤油を足したり、野菜を軽く絞ってみると良いそうだ。

2017年も残り僅かとなったが、今年最後の食事で最高の満足を得るに相応しい一食であろう『どん二郎』、年越しソバ2017はこれで決まりだ。

(秒刊サンデー:槙島)

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。