リアルXMENが実現か?ヒトの細胞に60のミュータントを発見

956121_48741959

XMENと言えば、通常の人間の風貌をしながら、人とは違う能力を持った人間で、火を操ったり、氷を出したり、人の体力を吸いとったり様々な特殊能力を持った、通称ミュータントたちのことであるが、これが実はSFの世界だけではなさそうです。科学者たちは、各人間の遺伝子の中に約60回の異なったミュータントを持っていることを発見しました。


article-0-0C6C781400000578-322_468x357

―60のミュータントとは

今回発見されたのは、親とは違う突然変異の遺伝子だ。
これは、ケンブリッジの調査結果と米国、カナダの他の2つの研究所が発見したもので
遺伝子は親から引き継ぐことが分かっているが、それ以外に60の親と異なる遺伝子を
生成することが判明したのだ。
最初、それが母親から引き継いだのか、父親から引き継いだのか判断に苦しんだそうですが
結局、オリジナルの突然変異遺伝子だという事が分かったそうだ。

さて、突然変異の遺伝子を誰でも生成することが分かった。
では、この特殊な遺伝子が何に使えるのか?XMENのミュータントのような能力があるのか
という最も気になる問い合わせについて、科学者たちは

『いろいろと使える』 

ということだ。
残念ながら、ウルヴァリンのように体から鋭利な刃物が出たり、マグニートのような
磁力を操るような能力を持ったミュータントがすぐにあらわれることはなさそうだが
その可能性は0ではないことが分かった。

今後は、とりあえず医療や遺伝子治療に役立てるそうで、癌にならないミュータントをつくるとか
糖尿病にならないミュータントをつくるなど、実用的なものから実用化されるとよいのですが
おねしょをしないミュータントとか、足がそんなに臭くないミュータントとか
しょうもない遺伝子だったらがっかりですね。

【参考記事】
http://www.dailymail.co.uk/

ライター:ユカワ

13 Comments

秒刊名無し

> ウルヴァリンのように体から鋭利な刃物が出たり
それは改造によるもので、本人のミュータントとしての能力は
「瞬時に傷が治ってしまう」だな。
文字通りの即タヒでなければ骨折も神経断裂も短時間に治ってしまう。

秒刊名無し

>>2
いちおう改造前のウルヴァリンも骨の爪は出てなかったっけ?
改造は骨格をアダマンチウムにしただけじゃね

秒刊名無し

60個のミュータント持ってるってなんだよ?ミューテーションだろ
バカは嫌だねえ

秒刊名無し

そりゃまあ遺伝子だけでクモに糸を作らせたり角を作ったりしてるんだから色々ありえるけど
人間や他の動物みたいに「進化を進めすぎた」存在は徐々にでないと厳しいだろう。
サルや犬だって人間と同じくらい進化した過程だからなあ。原生動物程の激しさはないし、
それだけの期間を考えると有史なんかじゃ話にならない年月がかかる。

秒刊名無し

ミュータント…
誤字ってレベルじゃない。
全く原文の内容を理解していない。
さすがに恥かしくて記事削除だね。

秒刊名無し

60のミュータントwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
真性馬鹿乙

秒刊名無し

せめて文体統一しようよ
である調とです・ます調が意味もなく混在してるよ

秒刊名無し

まぁロマンがあっていいんじゃない?

加藤

人間じゃないにしろウルヴァリンとかマグニートーみたいなことができる機械なら作れるよ
生物である必要は無い
それと、こういうのを研究もせずバカ扱いしてるの方がバカ。
少しは考えて書き込め。

加藤

思春期の理解力の無いガキは、こういう記事は見なくてもいい
中二病は湧くなってこと
バカは自分に理解できないことがあると考えることを放棄したりしてもっとバカになるし
自分がバカだとばれたくないからばれているにもかかわらず自分以外をバカ扱いしたりする
>>1みたいな中二病のことだよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。